ベッドフレームの重要性

ベッドを購入を検討している方はマットやサイズも必要ですが、ベッドフレームについてもしっかり考えましょう。どうしても幅を取ってしまうクイーンベッドですが、ベッドフレームによっては収納スペースが合ったり、広く見える様な物もあります。下記にはそのフレームのランキングを載せているので参考にしましょう。

人気のフレームのデザインランキング

no.1

キャビネットタイプ

何といっても人気なのがキャビネットタイプです。ヘッドボードに棚が付いているので小物や本などを収納することができます。またコンセント差込口が付いているのが多く、スマホ充電したり、照明などをつけたりすることが可能です。特に人気なのがひとり暮らしの方です。目覚ましを置いたり、テレビのリモコンもそばに置いたりすることもできます。自分のリラックス空間を作り上げることができるので選ばれるフレームです。

no.2

フラットタイプ

フレームの中で基本の形なのがフラットタイプです。ヘッドボードに収納スペースがないためスッキリしています。ベッドの上でゆったり過ごしたいという方はヘッドボードに持たれることも可能なので、女性に人気なフレームデザインです。また部屋をスッキリ見せたい方にも人気なデザインなので、白や黒で統一した部屋を作りたい方にオススメです。

no.3

収納付きベッド

収納付きベッドのは老若男女問わず人気ですが、特にお子様がいる家庭に人気です。どうしても子供の荷物は増えていきます。そのため、自分たちのスペースもなくなってしまうことが多くあり、困っている方は日本中に数多くいます。ですが収納付きベッドであればそういった困ったことも解決できるのです。マットレスの下やフレームの横に収納できる引き出しがあるので、ベッドフレームのデットスペースを有効活用することができます。ただし、湿気が溜まりやすいので、定期的に湿気を飛ばすようにしてください。

no.4

フロアタイプベッド

ベッドの高さを低くしたのがフロアタイプベッドと言います。オシャレな空間には、もってこい的な存在で、しかも安全面にも優れています。低いため万が一寝返りでベッドから落ちでも平気です。なので、寝相の悪い人に人気があるベッドフレームになります。ですが、掃除しにくいという欠点もあることは理解しましょう。

no.5

脚付きマットレス

マットレスに脚がついたシンプルデザインなのが脚付きマットレスタイプです。メリットは2つあります。1つ目は価格が安いこと、2つ目は掃除しやすいことです。1つ目の価格が安い点ですが、マットレスに脚がついているシンプルデザインなので、余計なものが付いていないからです。2つ目の掃除しやすいということは、脚があるおかげでマットレスの下にスペースができて、掃除をスムーズに行なうことができます。重いベッドフレームを移動する必要はないのでキレイ好きな女性にピッタリ。

クイーンサイズベッドの基礎知識!

部屋

ベッドを置くにはどのくらいの広さの寝室が必要なの?

クイーンベッドは憧れという方も少なくないでしょう。いつかは置きたいと思っても、実際にどのくらいの部屋の広さが必要なのかわからない方も多いでしょう。では、必要な広さを言うと、8畳以上は必要です。ただ、8畳にクイーンサイズを置くと部屋が窮屈になり、通路がない、クローゼットが開かないハプニングが起こります。なので、問題なく置きたいなら12畳以上が必要でしょう。そうすればゆったりとしたスペース確保が出来るのようになります。

必要な扉の大きさは?

こちらは、購入するベッドのサイズによって変わるためなんとも言えません。なので、購入する前に自宅に入るのか十分に確認するとをオススメします。自宅の扉の大きさを購入前に必ず確認することが必要です。それだけではなく、ベッドを持ち運ぶためのスペース確保も重要です。全てOKなベッドでも、扉のことや配達まで考慮することがとても大事なことです。設置することばかり意識をしているとこういった落とし穴に落ちてしまうケースもあるので十分に注意して購入してください。

クイーンベッドのメリットとデメリットを知る

クイーンベッドを選ぶときにメリットを知っておくと自分に必要なベッドなのか見極めることができます。メリットは大きく分けて2つあり、寝相が悪くても大丈夫な点とゴージャス感です。1つ目の寝相が悪くても平気ということですが、横幅が170センチ程あるので寝相が悪い人でも安心して寝ることができます。ただ各メーカーによってもサイズは異なるためチェックしてください。2つ目のゴージャス感ですが、ホテルの様なベッドが欲しいという方にはオススメです。寝床だけでもおしゃれにしたいと思う方には良いでしょう。どちらか1つでも、メリットと感じたら購入を検討した方がよいですよ。

広告募集中